So-net無料ブログ作成
自動車 ブログトップ

弁護士特約は絶対つけるべし!私が事故で目の当たりにした現実 [自動車]

4b1939e3da4b7f2501a6855c7adb8520_s.jpg
今から約2年前、私は交通事故を起こしました。

今もまだ係争中の為、詳しい事故内容は伏せておきます。

事故調査委員会立会いの元、検証した結果8対2となりました(相手が8割の過失)

8割でも納得いきませんでしたが、相手の保険会社とのやりとりの最中にトラブルは起きました。

相手の車は修理費用約120万と言うことで私の保険会社側はすぐに了承したのですが、私の車は修理に100万円かかると言う見積もりに対し、車両が古いと言うことで20万円ほどしか出せないと言われたんです。

でもこれはよくある普通の話なんです。

修理費とその時の中古車市場価格を比べて、安い方が採用されるシステムとなっているからです。

ですが、私の車はいろいろとカスタマイズしており、カスタマイズに相当なお金をかけていたと言うこと、元々が特殊車両だったため、同じ車を手に入れるのは困難だと言うことで100万円の保険を請求しましたが、当然相手方の保険会社は納得がいかないと言うことで20万円しか支払えないと言われました。

実際、私の車は車自体が特別仕様な上、いろいろとお金をかけて改装していたので、修理をするしか方法はなかったのです。

そこで弁護士特約を付けている事を思い出し、弁護士を頼むことにしました。

ここからは私と相手の保険会社との係争になります。

何度も何度も裁判を重ねた結果、私の車の損害額は全額見てもらえることになったんです!

ところが!喜ぶのはまだ早すぎました。

最初8対2だった割合が、なんと6対4にまでなってしまったのです。

私は裁判をすることによって損をしたのではないかと後悔したのですが、裁判をもししていなかったら自分の車の修理代を自腹で80万円払わなくてはならないところでした。

そして6:4になったけれど弁護士のおかげで修理費は全て認めて貰えることとなり、全額保険で直すことが出来たのです。



それだけではありません。

保険で直すことにより、私の場合は等級が下がると17万円の損失となるのですが、相手側からもらえる金額が損害額に過失割合を乗じたら17万円を上回ったので、実質損失はなく、むしろ数万円ほどプラスとなりました(既に支払った修理費用などを足すと)

ほとんど裁判は終わりに近づいていますが、裁判には2年もの期間を要しました。

弁護士をつけなければ到底叶わなかったと思います。

また弁護士は自分で探して頼めるのですが、これにも苦労しました。

期間の割に割りが合わないのか、受けてくれる弁護士がなかなか見つからなかったのです。

そういう意味でも交通事故に積極的に取り組んでくれる弁護士はありがたい存在です。

事故はないに越したことはありません。

ですが車を運転する限りいつ巻き込まれるかわかりません。

何が起きても慌てないように、保険には弁護士特約をつけておくことと、もしもの時のために頼む弁護士事務所は決めておいて損はありません。

※交通事故の加害者の場合は、弁護士費用特約は使えません。

裁判は無事終了しました。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車
自動車 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。